学校案内

× CLOSE
卒業生の方へ

学校評価・自己評価

本校は、平成24年4月に開校して以来、学校評価・自己評価を試行し、学生数が3年課程としての本来の学校運営規模となった平成26年度には、厚生労働省の看護師等養成所の教育活動等に関する自己評価指針作成検討会」が報告された指針に基づき学校評価、自己評価を行いHPに掲載公表するとともに教育活動に鋭意取り組んできました。

平成27年度では文部科学省が策定された「専修学校における学校評価ガイドライン」に基づき評価すべく評価項目について検討し、教職員用の項目と学生用の項目を設定し,平成28年度からこれらに基づき学校評価・自己評価を行っています。

平成30年度の教職員及び学生による自己評価を行いましたので公表します。

  

【教職員による自己評価】

   ○評価項目

本校の学校運営の方針と「専修学校における学校評価ガイドライン」を基にして、評価の領域を9区分し、各領域毎に評価項目を設けています。

評価項目は全部で37項目となっています。

   ○評価の方法

教職員に対して、各評価項目を「専修学校における学校評価ガイドライン」を準じて4段階で評価するとともに評価の根拠についても記述するアンケートを実施し、その評価点の平均値を算出して評価項目の評価点としました。また、各領域の評価点は、領域内の各評価項目の評価点の平均値としました。

 ○評価点

4:適切  3:ほぼ適切  2:やや不適切  1:不適切

【学生による自己評価】

  ○評価項目

教職員の自己評価の項目を基本として、看護教育の充実を目的に教育内容や環境について、7領域に区分し、 領域毎に評価項目を設けています。
評価項目は全部で53項目となっています。

 ○評価点

全学生に対して、「はい」「いいえ」の2者択一のアンケートを実施しました。
評価は、「はい」「いいえ」と回答した学生の割合(%)としました。